地元新潟で開催のHilcrhyme10周年記念ライブにHIKAKINと世界で一番かわいい女性が応援コラボ!

    Hilcrhymeが3月25日(土)、結成10周年記念特別公演「朱ノ鷺二〇一七」を彼らの本拠地・新潟市にある朱鷺メッセ新潟コンベンションセンターにて開催した。

    南北に長い会場の中央に舞台が置かれ、その東西それぞれに花道がせり出した360℃ステージで、TOCとDJ KATSUの2人は全35曲、約3時間40分に及ぶ渾身のパフォーマンスを展開。



    セットリストは、オープニングを飾った「朱ノ鷺」以降は、彼らが発表してきたアルバムから4〜5曲ずつをセレクトし、アルバムの発売順にパフォーマンスしていくというスタイルで、1stアルバム『リサイタル』から「純也と真菜実」等、2nd『MESSAGE』から「大丈夫」等といった具合に、これまで発表してきたシングル曲20曲を全て披露。

    10年間、彼らが積み上げてきたHilcrhymeのサウンドは、場内大合唱のメロディアスナンバーあり、ダンスビートが引っ張るアップチューンありで、全国各地から新潟に集まった約6,000人のオーディエンスを魅了した。

    MCではそれぞれのアルバム制作時の想い出などをパート毎に語って行き、TOCの言う通り、まさに「Hilcrhymeの歴史を確かめていくライブ」となった。

    後半にはサプライズゲストとして、日本のYouTuberの第一人者、同郷のHIKAKINが登場し、「Summer Up」でヒューマンビートボックスとのコラボレーションを実現。

    アンコールでは、これまた新潟出身で、ソチ冬季五輪スノーボード男子ハーフパイプ銀メダリストの平野歩夢選手による10周年のお祝いコメント映像を上映。

    そして、TOCが「世界で一番かわいいと思っている女性」だと言うハローキティが10周年のお祝いにサンリオピューロランドから駆けつけ、約2年半ぶりの再共演を果たして「Moon Rise」をパフォーマンスした。

    Hilcrhymeは今年の秋頃にサンリオピューロランドでライブを開催する予定があるという。



    世界で活躍するこの3組のゲストに加え、さらには、5月に東名阪ツアーHilcrhyme TOUR 2017“SIDE BY SIDE"を開催することがビジョンに映し出されて発表されるなどスペシャルな演出も飛び出し、フロアを大いに盛り上げた。

    フィナーレは、Hilcrhyme最大のヒット曲である「春夏秋冬」を観客全員と大合唱した後、その「春夏秋冬」をモチーフにした映画『春夏秋冬物語』(4月公開)の主題歌である新曲「アフターストーリー」を初披露。

    「未だ空白となっている皆さんの人生の予定がHilcrhymeで埋めていきますように」と、11年目へとつながる、彼ららしい前向きなメッセージで締め括った。
    なおこの模様は5月6日にスカパーで放送されることが決定したので、見逃したファンはぜひチェックしてほしい。

    アーティスト

    UtaTen

    歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

    0コメント