布袋寅泰

布袋寅泰

布袋寅泰、『サンレモ音楽祭』でイタ
リアを熱狂させるパフォーマンス!

布袋寅泰が『サンレモ音楽祭 2017』で披露したパフォーマンスがイタリアで話題を呼んでいる。
布袋の出演は、同音楽祭最終夜の特別ゲスト・ズッケロが布袋を伴ってのステージを強く希望して実現したもの。布袋のパフォーマンスを会場で体験したイタリアの音楽関係者からは“高水準で華麗”“刺激的なギタリスト”など評価の声が上がり、テレビ視聴者からは“布袋をフィーチャーしたパフォーマンスがもっと見たい”といった声が届いているという。

『サンレモ音楽祭』は毎年開催されるイタリアの国民的な音楽の祭典で、今回が第67回を数える。イタリア全土へテレビ放送され、ズッケロが出演した最終夜の視聴率は70%に達した。

布袋はクリス・ステイントン(ジョー・コッカー、エリック・クラプトン)、クイーン・コーラ・ダンハム(プリンス、ビヨンセ)といった世界的ミュージシャンと共に、“ズッケロ+ゲストギタリスト布袋寅泰”という破格の扱いでステージに登場! 1曲目はズッケロの最新アルバムから布袋のギターソロをフィーチャーする特別アレンジでの「Partigiano Reggiano」を演奏し、序盤から華麗なパフォーマンスを展開。布袋のギターを中心としたバンドサウンドの躍動感が、会場を一気にヒートアップさせた。演奏後、布袋は“ザ・ローリング・ストーンズやデヴィッド・ボウイとも共演を果たした日本を代表するギタリスト”と紹介されている。

続く2曲目では、会場のバックスクリーンに世界的オペラ歌手、故ルチアーノ・パヴァロッティの姿が映し出され、パヴァロッティと親交が深かったズッケロが映像とのバーチャルデュエットで「Miserere」を披露。『サンレモ音楽祭』開催期間中のハイライトとなったこの場面で、布袋は情感溢れるギターを聴かせた。ズッケロ&パヴァロッティというイタリアの二大ヒーローと共演を果たした布袋にも大きな拍手と歓声が贈られ、イタリアの音楽関係者、音楽ファンに“ギタリスト・HOTEI”の存在を強烈にアピールする結果となった。

なお、ズッケロはこのイベント出演後、日本で初単独ライヴを5月29日(月)に東京・渋谷TSUTAYA O-EASTで開催すると発表。ヨーロッパでは数万人クラスの会場を軒並みソールドアウトする人気と実力を兼ね備えたスーパースターのパフォーマンスをクラブ規模で体験できる貴重なライヴとなりそうだ。

一方、布袋は4月11日(火)ドイツ・フランクフルトZOOMでのライヴを皮切りに、ドイツ、オランダ、スイス、ベルギー4ヶ国で8公演を行なうヨーロッパ・ツアーを予定している。布袋寅泰の止まらない活躍に注目しよう。

『HOTEI EURO TOUR 2017』

4月11日(火) Frankfurt, Zoom
4月12日(水) Cologne, Clubbahnof Ehrenfeld
4月14日(金) Amsterdam, Paradiso
4月15日(土) Netherlands, Paaspop Festival
4月17日(月) Hamburg, Indra Club
4月18日(火) Berlin, Musik + Frieden
4月21日(金) Zurich, Papiersaal
4月22日(土) Brussels, Rotonde Botanique

ZUCCHERO『Black Cat World Tour 2017
In Japan』

5月29日(月) 東京 渋谷 TSUTAYA O-EAST
開場/開演:18:30/19:00
チケット:全自由¥6,000(税込)
・入場時別途ドリンク代必要
・未就学児童入場不可
■チケットボード先行受付
期間:4月10日(月)23:59まで
http://tickebo.jp/en/zucchero/
■チケット一般発売
4月15日(土)10:00~各プレイガイドで販売開始
布袋寅泰

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着