東京・青山に日本初となる「POP-UPデ
ィスコ」をレポート

ここ数年、都内の各所ではディスコイベントが開催され、40代以降の男女たちの間で、大きな盛り上がりを見せています。そんななか、東京・青山に日本初となる「POP-UPディスコ」が誕生。70年代~90年代のバブルなディスコを再現したという店内は、内装と音響に数億円をかけ、スピーカーはJBL、ダンスフロアには高輝度LED照明を搭載するなど、新たな大人の社交場として注目を集めています。

そこで今回は、プレオープンしたこちらのディスコに潜入取材。店内は、バブル時代を彷彿させるボディコンに身を包んだ女性たちを含め、40代、50代を中心に元気な肉食男女が大集結しているといった感じ。ディスコ全盛期のヒットナンバーも満載で、当時のステップを踏むなど、ダンスフロアは熱気ムンムンで大盛り上がりをみせていました。素敵な大人たちが集い、心ゆくまで楽しんだPOP-UPディスコナイトの様子をレポートします!
大人がゆっくり遊べるように食事を楽しめるVIPルームも完備。この日は、素敵な男女のグループがバブル時代を彷彿させるリッチな宴を繰り広げていました。
国籍を問わずグローバルに盛り上がった今回のディスコナイト。熱気ムンムンのダンスフロアでは、みなが一体となって当時のステップを踏むなど、懐かしのナンバーで大盛り上がり。日本人のみならず外国人のお客さんも多数、来場。ディスコ全盛期のヒットナンバーが流れはじめるとダンスフロアの盛り上がりは最高潮に!
ファッショナブルな雰囲気でひときわ目立っていたこちらの男性。マリテフランソワジルボーのスーツに、エミリオ・カヴァリのプリントシャツで今回のディスコのテーマでもある80sな雰囲気あるスタイルを完成。ラフなロングヘアと黒ぶちメガネでおしゃれ度も倍増!
短髪ヘアと細マッチョなボディで着こなすスーツ姿がスタイリッシュなイケメン男性。ベルトや時計など、茶系小物をコーディネートの上品なアクセントに利かせているところが高ポイント。
ネイビーのジャケットにストライプのベスト、Tシャツ、ストールの重ね着がとってもおしゃれでこなれ感たっぷり。小ぎれいな大人のカジュアルスタイルで、全体に爽やかな印象が漂っています。
赤いジャケットを主役に、ストライプシャツとデニムでまとめた上品なコーディネート。ハットやサングラスといった小物を効かせることで、今ドキの雰囲気に仕上がっています。
こちらの男性は、今回のディスコイベントのプロデューサー。品のよいグレーのチェック柄のスーツ姿が都会的で洗練された印象。頭にかけたメガネやワイルドな白ひげがおしゃれ感をさらに加速させています。
デニムに合わせた色鮮やかなフラワープリントのシャツがコーデの主役。ブラックベストやチェック柄のハットなど、モードなアクセントをプラスしたおしゃれ上級者です。
ウール素材のグレージャケットとベストのアンサンブルをノーネクタイでカジュアルダウン。中に着たシンプルなホワイトシャツは、ボタンホールに黒糸を施したデザインがさりげなくおしゃれで素敵。
同じ職場の仲間という三人組。スーツ姿でキメた紳士ふたりの間にいる美女は、元レースクイーンというだけあって、スレンダーなボディと美脚が際立つソフトコンシャスなワンピース姿で登場。赤く英文字がプリントされたワンピースは、遊び心たっぷりでディスコナイトにぴったり。
踊りやすいスタイルがディスコ服の基本という彼女。ブラックのトップスにフラワープリントのショートパンツ、ニーハイブーツで47歳とは思えないパーフェクトボディを披露。手づくりのロ ングネックレスとグッチのサングラスがコーデのアクセントに。
お仕事帰りにこのイベントに立ち寄ったというふたりは、膝丈スカートで上品さを感じさせる装い。右の女性はほどよくボディラインが見えるニットワンピ、左の女性はファーを羽織って、 ゴージャス&セクシーさをさりげなくアピール。
ブラック&ホワイトのモノトーンルックをモダンに着こなしていたこちらの女性。フレアスリーブのブラウスに、スリットが入ったスカートを組み合わせてトレンドをほどよく意識。大人のエレガンススタイルで周囲を魅了していました。
週に1度は踊りに行くというおふたりは、まさにバブル時代を彷彿させるボディコンルックで80sへタイムスリップ!ディスコではスワロフスキーのキラキラアクセと肌見せはマスト。ボディコンを着るために、エクササイズとボディケアは欠かさないという徹底ぶり。キレイなボディラインには脱帽です。
バーカウンターでおしゃべりをしていた二人組をキャッチ。右の女性はワンピースのうえに素肌がチラリとのぞくショートケープを羽織ってちょっぴりセクシーに。左の女性はボートネックでデコルテをチラ見せしたワンピスタイル。どちらも上品な肌見せ具合が絶妙です。
「バブルへGO!」の映画をテーマに、ディスコナイトに合わせてボディコンで決めてきた二人組。ふたりともバーレスクダンスが趣味というだけあり、磨き抜かれたスリムボディに視線が集中。右の女性は、総スパンコールのブラックワンピに、80sに流行ったウエストポーチとレイヤードネックレスでアクセントをプラス。左の女性は、ダイアンのカシュクールワンピでセクシー&エレガントな装いです。
バブル世代の男性&女性は実にパワフル。恥ずかしさなんて微塵もなく、懐かしのヒットナンバーから最新のダンスミュージックまで、ジャンルを問わずみなノリノリで踊りまくっていました。
店内は、ディスコスタイルの定番“ボディコン・ワンレン”の女性たちでいっぱい!ほとんどが40~50代にも関わらず、スリムなボディラインをキープしているのには脱帽です。皆さんLOVE☆DISCOカードを持ってノリノリで撮影に参加してくれました。

『Love disco aoyama』

東京都港区南青山6-10-12 フェイス南青山
詳細は以下ホームページを参照。Open記念特典最終日は2/24(金)19:30~
https://lovedisco.themedia.jp/

著者:100%carafe

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。