桑田佳祐 年越しライブ2016「ヨシ子さんへの手紙 ~悪戯な年の瀬~」ライブレポまとめ

    — 芸能ニュース (@twinews4)
    横浜アリーナにて2016年12月27日(火)、28日(水)、30日(金)、31日(土)と4日間にわたり行われた
    ですが、桑田佳祐自身のソロとしての年越しライブはなんと「桑田佳祐 LIVE TOUR 2012 I LOVE YOU -now & forever-」以来となる4年ぶりの公演でしたまた、桑田佳祐の歌声が聴けるのもサザンオールスターズのツアー「おいしい葡萄の旅」以来1年4ヶ月ぶりと、ファンとしては待望のライブとなりました。今回はその年越しライブのセトリや様子、ファンの感想まとめを交えてレポートしていきます。最後までどうぞお見逃しなく!

    【年越しライブ2016から見る桑田佳祐の今後の活動について】

    桑田佳祐がソロとして4年ぶりに開催した年越しライブ「桑田佳祐年越しライブ2016『ヨシ子さんへの手紙 ~悪戯な年の瀬~』」。4公演のうち31日のカウントダウンライブの模様を本日よる8時よりWOWOWで放送されます。https://t.co/Tu6vZzUzPb 是非ご覧ください pic.twitter.com/zjL095yWYh — ビクターエンタテインメント (@VictorMusic) January 3, 2017

    年越しライブ初日(27日公演時)では桑田佳祐が還暦を迎えてから行う初のライブとなっていました。還暦を迎えても桑田佳祐自身のスタンスは変わらずといったところで、安心を覚えたファンも多いのではないでしょうか何年経っても「真剣に遊ぶ」「真剣に楽しむ」といった桑田佳祐の音楽に対するあり方が変わらないところも彼の魅力のひとつです。また、今回の年越しライブのタイトルには2016年に発売されたシングルやアルバムの下記タイトルがミックスされたものでした。

    6月29日発売アルバム「ヨシ子さん」
    11月23日発売シングル「君への手紙」、カップリング曲「悪戯されて」→「ヨシ子さんへの手紙~悪戯な年の瀬~」

    桑田佳祐の2016年の集大成と今後の活動を思わせる象徴的なタイトルとなっていたともいえるでしょう。

    【桑田佳祐年越しライブ2016 レポ&感想まとめ(入場編)】

    2016年のライブ納めは、“桑田佳祐 年越しライブ2016「ヨシ子さんへの手紙 ~悪戯な年の瀬~ @ 横浜アリーナ へ(^-^) 幸運にも大晦日の日に当選したのでがっつり年越し楽しんできます! 今年はライブ充した1年でした。ありがとうございました皆さま良いお年を〜! pic.twitter.com/aE0LsZpSdB — ぷれすと (@presto_0415) December 31, 2016

    会場の様子

    12/27桑田佳祐年越しライブ2016「ヨシ子さんへの手紙 〜悪戯な年の瀬〜」横浜アリーナ4デイズ初日、まもなく開演。開場中のBGM、星野 源「恋」、ジャスティン・ビーバー「Love Yourself」、宇多田ヒカル「真夏の通り雨」、Sia「チープ・スリルズ」などなど。 pic.twitter.com/sdx9EaHRLh — 兵庫慎司 (@shinjihyogo) December 27, 2016

    桑田佳祐のライブ、1830開演でこの長蛇の列。本人確認が必須なので仕方ないけど全員は入れるのかな。。 pic.twitter.com/CGMYAwUxev — yasushi endo (@yas10yas10) December 27, 2016

    横浜アリーナに集まる人の波!この日は15,000人もの観客が横浜アリーナに集まりました。桑田佳祐の人気ぶりとファンの期待が窺えます。

    桑田佳祐ライブ終わって横浜に移動中。 やっぱり桑田佳祐最高やな!! 久々に聴いた歌もあってよかったー! pic.twitter.com/wf5u4pufO9 — バブ (@ahobabu) December 27, 2016

    「悪戯されて」のMVにも出演していた広末涼子さんやテレビ局からの花が多数寄せられています
    薄い黄色を基調としたかわいくてユニークなチケットのデザインです。

    各席からの眺めは?

    桑田佳祐 年越しLIVE2016 ヨシ子さんへの手紙 〜悪戯な年の瀬〜 アリーナ!! そして!センター!! 神席に感謝!!! くわっちょと思いっきり楽しみます!! pic.twitter.com/RTprdkaBkP — しゅうぅ (@syutaron) December 27, 2016

    アリーナ席センター位置からは、ステージを間近に感じられるほどよく見ることができます。

    桑田佳祐ライブきたこれ pic.twitter.com/rue3Ef2Lkg — 英語勉強ガチルワタリ (@CountryMoaaaM) December 27, 2016

    スタンド席からもスクリーンがよく見えるのであまり不都合が感じられません。

    年越しは、こちらのお席から#桑田佳祐年越しライブ2016 pic.twitter.com/eIU8YdX1P6 — ➰⚾さな⚽➰ (@sana8_9) December 31, 2016

    座席後方ですが、各スクリーンが見やすくなっています。どのような席からもストレスなくステージを見るため、様々なところを工夫されているのがわかります。

    桑田の目線でLiveを見れた。どんな気持ちなんだろ〜、 カースケのドラムが生で聴こえた(°_°)#桑田佳祐 #横浜アリーナ pic.twitter.com/QUiPU5LspA — Tsuyoshi.Y@… (@ymmtt1il) December 27, 2016

    バックヤード席では普段見ることのできない出演者目線でライブを楽しむことができ、新鮮な見方ができそうです!

    【桑田佳祐 年越しライブ2016「ヨシ子さんへの手紙 ~悪戯な年の瀬~」セトリ】

    桑田佳祐 生涯懸けて音楽の可能性を切り開くスター「皆さんのおかげでここに立っていられます」笑いと感涙に溢れた【悪戯な年の瀬】 | Billboard JAPAN https://t.co/Q3tLXGWtLB ◎桑田佳祐@ヨシ子さんへの手紙 ~悪戯な年の瀬~独自取材記事。 pic.twitter.com/1RVbSTBVkE — 平賀てくお'17(ビルボード) (@Tetsuo_Hiraga) January 16, 2017

    2016年12月31日 横浜アリーナ

    本編セトリ

    ・1.悪戯されて
    ・2.ダーリン
    ・3.本当は怖い愛とロマンス
    ・4.悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)
    ・5.鏡
    ・6.飛べないモスキート(MOSQUITO
    ・7.エロスで殺して(ROCK ON)
    ・8.東京ジプシー・ローズ
    ・9.SO WHAT?
    ・10.それ行けベイビー!!
    ・11.月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)
    ・12.愛のプレリュード
    ・13.大河の一滴
    ・14.あなたの夢を見ています
    ・15.傷だらけの天使
    ・16.恋人も濡れる街角
    ・17.Yin Yang
    ・18.メンチカツ・ブルース
    ・19.風の詩を聴かせて
    ・20.JOURNEY
    ・21.君への手紙
    ・22.真夜中のダンディー
    ・23.ROCK AND ROLL HERO
    ・24.波乗りジョニー
    ・25.EARLY IN THE MORNING~旅立ちの朝~
    ・26.ヨシ子さん

    アンコールセトリ

    ・27.幸せのラストダンス
    ・28.白い恋人達
    ・29.祭りのあと

    ライブレポ

    年越しライブの最終日である大晦日公演の入場曲は「悪戯されて」。ホステスに扮した広末涼子出演の歌謡サスペンスビデオが流れる中、タキシード姿で桑田佳祐が登場。最後の歌詞を「横浜アリーナに皆で集まれば 来年も幸せが来るだろう」と歌い上げ、会場に歓声と拍手が起こりました照明が落ちた間にTシャツへと着替え、華やかなイントロから始まる「ダーリン」がスタート。その後「本当は怖い愛とロマンス」、約30年前に桑田佳祐名義で発売した初のシングル「悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)」と続きました以降も「鏡」、「飛べないモスキート」、「エロスで殺して」とファンを狙い撃つ流れが続き、新旧のヒット曲でポップスからブルース、バラードなど多彩なジャンルを歌い上げた桑田佳祐。2013年3月13日に発売された「Yin Yang」。「風の詩を聴かせて」「JOURNEY」の流れから新曲の「君への手紙」が登場しました31日も終わりに近づいた頃にスタートした「波乗りジョニー」で2016年を締めくくるかと思いきや、妖艶なダンサーたちと共に「EARLY IN THE MORNING~旅立ちの朝~」がスタート。曲の終了後に新年のカウントダウンが始まり、派手な演出と共に華々しく2017年を迎えました会場は一体感を見せ、熱狂的な盛り上がりに包まれたところで暗転し、2017年最初の曲として「ヨシ子さん」がスタート。白無垢を着たパンダメイクのヨシ子さんらしき人物が現れ、会場一帯はカオスな雰囲気にアンコールでは「幸せのラストダンス」「白い恋人達」「祭りのあと」が披露され、文字通り年越しライブの祭りはフィナーレを迎えました笑いあり感動ありの豪華スケールで行われた2時間半以上に及ぶ年越しライブにファンは余韻と幸福感を覚え、大きな満足感を得ると共に今後への期待が高まるライブとなりました。

    ファンの感想まとめ

    仕事納めて横浜アリーナへ 桑田佳祐のライブ やりそうな曲やらずに以外な曲たくさん 昔聞いていた曲は久しぶりでも覚えているものだ バックステージ席だったけどモニターたくさんあって定点の映像もあったし思ったよりも近くて大満足だ~ — HIDE_0510 (@hh0510) December 27, 2016

    今回の桑田佳祐のソロライブ、意外な選曲多し。でもやって欲しかった曲も多し。まぁ結論を言うと、楽しいと3時間はあっという間に過ぎる— タキザキ (@sindbads1224) December 27, 2016

    桑田佳祐さんカウントダウンライブ終了〜♪ アリーナ良席(端の席なので隣気にしなくて済む)で、青テープまでもう少しの位置でした…!欲しかったな。母上が喜んでくれてよかった♪私の聴きたかった曲がまさかの曲順でした(笑) — 佐藤 由希子 (@maoyuki80) December 27, 2016

    桑田佳祐年越しLIVE最高でした! もう有名どころ満載♪ 聞きたかった曲、ほとんど聞けた✨ 冬のあの歌とか、夏のあの歌とか♡ これだけでネタバレになるかしらw 知らない曲もあったけど、7割くらい知ってた! 桑田パイセンの歌声はやっぱすんげー! 楽しすぎた( ˙▿︎˙ )/ — 安藤 奈々美(わらこ) (@zashiwara73) December 27, 2016

    桑田佳祐の横浜アリーナLIVE。ステージ裏の席で一瞬テンション下がったけど、始まってみると普通の席よりもかなり近くて、臨場感抜群! 桑田さんも「“背景”の皆さ〜ん!」とか言って、何度もこっちを向いてくれて得した気分。普段とは違う楽しみもできて、大満足でした(^o^)/ — 堀江ガンツ (@horie_gantz) December 27, 2016

    ファンにとって嬉しいあの曲この曲が盛りだくさんで聴くことのできるライブだったようですね。バックヤード席からの感想も興味深いです。アーティストを背後から、それも近くで見ることができるというのも魅力がありそうです。

    【桑田佳祐 年越しライブ ライブビューイングレポ&感想まとめ】

    『桑田佳祐年越しライブ2016「ヨシ子さんへの手紙~悪戯な年の瀬~」』ありがとうございました!プランチャイムダンサーの皆様、ありがとうございました! pic.twitter.com/v9snHTqP4x — 悠造 (Yu-Zo) (@fruity_NYZ) January 1, 2017

    最終日の大晦日公演は全国12都市でライブビューイングも行われました。チケットが取れず横浜アリーナに行くことができなかった場合でも、ライブビューイングのチケットがあれば映画館で桑田佳祐のライブの様子を観ることができるというもの映画館のスクリーンで観るライブは、ドームや大きな会場で直接観るライブとはまた異なる趣でとらえることができ、格別な思い出になりそうです。そんなライブビューイングを実際観に行ったファンの感想を一挙まとめました。

    ライブビューイングの感想

    今年も桑っちょのライブビューイングを見ながら年越しです(^-^) オマケ付きでした。 (」^o^)」スタンド~、アリーナー!! どなた様もよいお年を~。#桑田佳祐 #桑田佳祐年越しライブ2016 #Tジョイ博多 #横浜アリーナ pic.twitter.com/vD4Uca7iC6 — キラキラグロス (@kirakiragloss) December 31, 2016

    ライブビューイングの めでたい土産#桑田佳祐年越しライブ2016 #ヨシ子さんへの手紙 #悪戯な年の瀬 pic.twitter.com/5IHck7skUy — けい (@kei3jsb829) December 31, 2016

    ライブビューイングではファンへのお土産のマフラータオルがあったようです。

    残念ながら会場には行けなかったけどライブビューイングで #桑田佳祐年越しライブ2016 会場の映像に合わせて映画館内でもウェーブやってますよ! 皆さん楽しみましょう〜 桑田センパイ、お待ちしてます❤︎ pic.twitter.com/JHuqya7PKR — なす@さばまま (@naz_YKH) December 31, 2016

    映画館内でも巻き起こるウェーブ。ライブビューイングに来たファン同士の一体感も楽しめそうです。

    ライブビューイング広島参加‼️ いいんですよ……踊りたいならそれで‼️みんなチョー好きな人達しか行ってないからいいんです でも席替えは感心しません #桑田佳祐年越しライブ2016 — ちとこ (@m02aicf999) December 31, 2016

    中には席を勝手に替えている人もいたようです。楽しみ方は自由ですが、マナーは守らなければいけませんね。

    ライブビューイングって立って拍手したり踊ったりしていいの? 未だに未経験のため謎な部分。#桑田佳祐 #桑田佳祐年越しライブ2016 — まーず☆No SAS No Life (@mazu_now) January 3, 2017

    普段のライブとは違う場所でライブを観るというスタイルに戸惑う方も。場内での拍手はともかく、踊っていいかどうかは周りのファンや雰囲気次第でしょう映画館でライブを観るという形式での新たな楽しみ方が発見されると、ファン同士での感情の共有などができて非常に良さそうですとはいえ個人によって楽しみ方は異なるもの。静かに観たいという方もいますし、各席でどこまで盛り上がって良いのかは考え物ですチケットで取った席を勝手に替えるなどのマナー違反な行為をせず、良識を持って楽しむことができれば、ライブ鑑賞スタイルのひとつとしてより定着していくのかもしれません。

    サザンオールスターズ・桑田佳祐のオススメ記事はコチラ

     Live情報マガジン ライブフリーク 桑田佳祐2016年の年越しライブ開催決定!日程、会場、出演者、申込方法はこちら!https://ticketcamp.net/live-blog/kuwatakeisuke-new-years-eve-live-2016/?ref=cardlinkサザンオールスターズの桑田佳祐さんが2016年の締めくくりとして年越しライブを開催すると発表されました。サザンとしては2015年の8月に「おいしい葡萄の旅」の公演がありましたが、ソロの年越しライブは4年ぶりです。ニューシングル「君への手紙」をリリースする桑...
     Live情報マガジン ライブフリーク 【桑田節炸裂】サザンオールスターズ桑田佳祐が3年ぶりに放つ新曲「ヨシ子さん」と...https://ticketcamp.net/live-blog/kuwatakeisuke-song/?ref=cardlink日本のロックシーンに欠かせない存在のサザンオールスターズ。サザンオールスターズのフロントマンである桑田佳祐がソロとして3年ぶりにリリースした新曲「ヨシ子さん」が音楽ファンの間で話題となっています。今回は、新曲「ヨシ子さん」についてのエピソードや、ユ...
     Live情報マガジン ライブフリーク 桑田佳祐の意外すぎる交友関係から人物像に迫る!https://ticketcamp.net/live-blog/sas-kuwatakeisuke-friendship/?ref=cardlink先日最新アルバム「葡萄」をリリースし、全国ツアーも予定しているサザンオールスターズのボーカル桑田佳祐。彼のステージは必ずセクシーな女性がたくさんいて、下ネタに溢れたパフォーマンスを惜しげもなく披露しているため「ただのエッチなおじさん」という印象を...
     Live情報マガジン ライブフリーク 老若男女に愛される!カラオケで歌いやすいサザンオールスターズhttps://ticketcamp.net/live-blog/sas-tickets-16062701/?ref=cardlink世代を超えて愛される国民的なバンド、サザンオールスターズ。ヒットナンバーも多くカラオケでも人気です。歌ってみれば、どこかで聞いたことがあると多くの人が感じるのは、名曲ぞろいというだけでなく、タイアップ曲も多く、ファンでなくても知っているので、聞く...
     Live情報マガジン ライブフリーク サザンオールスターズ応援団 入会方法や特典は?https://ticketcamp.net/live-blog/sas-tickets-0428/?ref=cardlink今春、桑田佳祐さんの新曲「愛のプレリュード」の発表、個人CM出演など、「嬉しいけれどサザンオールスターズとしての活動は今年はまだ?」とヤキモキするファンも多いようです。こんなときこそサザンメンバーの様子を知りたくなりますよね。そんな方にオススメなの...

    【2017年からの桑田佳祐の活動は…?】

    (出典:
    より)今回は年越しライブ2016のライブレポや感想に関してまとめていきましたが、いかがでしたでしょうか?
    2016年に60歳となり還暦を迎え今日に至るまで多くの名曲を生み出し、多くのファンを抱えてきた桑田佳祐。この年越しライブの様子からも分かるように、桑田佳祐の人気はとどまることを知らず、これからも多くの人々に求められるミュージシャンであり続けるでしょう2017年以降のソロ活動や
    はどのようになっていくのか、今後の活動にも目が離せません。
    0コメント

      MOSQUITOの関連情報