ゲス川谷の楽曲提供、小藪の見解は“
    問題ない”

     お笑い芸人・小藪千豊が7日放送のフジテレビ系『バイキング』に出演。バンド活動を休止中の川谷絵音の“楽曲提供”は「バンド活動じゃない」ため、問題ないとの見解を示した。

     番組では、ゲスの極み乙女。のメンバー、休日課長が新ユニットを結成し、その楽曲を川谷が提供したことを取り上げ、ネット上で賛否が巻き起こっていることを紹介した。

     コメントを求められた小藪は「僕は川谷びいき過ぎるんかわかんないですけど」と前置きしつつ、「バンドを自粛すると、2つの」と、川谷はあくまで“ゲス極”とindigo la Endの活動休止を発表したのであり、“楽曲提供”をすることに問題はないとの見解を示した。

     続けて「だから、これは自分から『書かせて課長』って言ったんじゃないと思うんですよ。課長側からの要請ですから、それはやっぱり上司の命令というか…」とボケを交えて語ったが、坂上忍は「全然面白くない」と一蹴。「今年一番、滑りました」と小藪は自虐の苦笑いを浮かべた。

     スタジオで出演陣による議論が白熱するなか、坂上は不祥事で活動自粛しているNON STYLE井上裕介やタレントの狩野英孝の例を取り上げ、「あの方たちはどうすれば良いんですか?」と再びコメントを求めた。

     小藪は「狩野君とかが自粛するときに、『テレビ出演自粛します』って言ってたら、ライブ活動やって良いと思うんですよ」との見解を示し、川谷の場合は「『バンド、休止します』なので、これはバンド(活動)じゃないと僕は思う」と改めて楽曲提供することは問題ないとの見方を示した。

     そして、楽曲提供が悪いことと仮定するならば、「休日課長だって悪いわけじゃないですか、頼んで、使ってるということは。川谷さんだけが何で責められてるのかわからない」と語気を強めながら持論を主張していた。

     ゲス極の休日課長は3人組ユニット・DADARAYを結成し、4月5日にミニアルバム「DADAISM」を発表する。楽曲制作を川谷に依頼したことが広く伝えられると、ネット上で賛否を呼んでいた。

    MusicVoice

    音楽をもっと楽しくするニュースサイト、ミュージックヴォイス

    0コメント