村井良大、中川晃教ら出演のブロード
ウェイミュージカル『きみはいい人、
チャーリー・ブラウン』の新ビジュア



チャールズ・M・シュルツ作のコミックを原作にしたこの作品は1967年に初演、今年50周年を迎えることになる。1999年にマイケル・メイヤー演出によりブロードウェイでリバイバル上演されたこともある。その時はチャーリー・ブラウンをアンソニー・ラップが、スヌーピーをロジャー・バート、サリーをクリスティン・チェナウスがそれぞれ演じ、このうちバートがトニー賞助演男優賞を、チェナウスが助演女優賞を受賞した。

2017年日本公演でも、旬の顔ぶれがキャスティングされている。チャーリー・ブラウン役を村井良大、ルーシー役を声優でもありスフィアのメンバーでもある高垣彩陽、サリー役をAKB48の田野優花、ライナス役を古田一紀、シュローダー役をボーカルユニット「Honey L Days」のメンバーでもある東山光明、そしてなんとスヌーピー役を中川晃教がそれぞれ演じる。さらに大和悠河も声の出演で参加する。訳詞・演出は小林香。大人にも子供にも、幅広く楽しめる趣向の舞台だ。

SPICEでは近日、村井良大&中川晃教のインタビューを掲載予定なので、お楽しみに。

公演情報『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』

<東京公演>
■会場:シアタークリエ
■日程:2017年4月9日(日)~4月25日(火)

<大阪公演>
​■会場:サンケイホールブリーゼ
■日程:2017年5月6日(土)~5月7日(日)

■キャスト:
チャーリー・ブラウン:村井良大
ルーシー:高垣彩陽
サリー:田野優花(AKB48)
ライナス:古田一紀
シュローダー:東山光明
スヌーピー:中川晃教
声の出演:大和悠河

■原作: チャールズ・M・シュルツ著
■コミック『ピーナッツ』より
■脚本・音楽・詞:クラーク・ゲスナー
■追加脚本:マイケル・メイヤー
■追加音楽・詞:アンドリュー・リッパ
■訳詞・演出:小林 香
■振付:川崎悦子
■音楽監督:佐藤真吾
■美術:松井るみ
■照明:高見和義
■音響:山本浩一
■衣裳:有村淳
■ヘアメイク:CHIHIRO
■歌唱指導:モリモトマサミ
■演出助手:森田香菜子
■舞台監督:酒井健
■制作:清水光砂
■プロデューサー:小嶋麻倫子

■公式サイト:http://www.tohostage.com/charlie/


SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

0コメント