TAKURO(GLAY)

TAKURO(GLAY)

TAKURO(GLAY)、ソロアルバムより豪
華ゲスト出演の特典映像内容が解禁

TAKUROGLAY)の1stソロインストアルバム『Journey without a map』より、特典DVDに収録されているドキュメンタリーフィルム「[Journey without a map] Documentary Film」の内容が解禁された。今作は【CD+DVD盤】【CD only盤 】【アナログ盤】の3形態でリリースされ、この特典映像は【CD+DVD盤】のDVDに収録される。
映像ではTAKUROがギターを始めたエピソードから今作の制作に取り掛かったきっかけやGLAYとして、1人のギタリストとして見据える未来や愛してやまないギターについて語っており、述べ60分を収録したボリューム満点の内容となっている。

ゲストとしてインタビュー出演したのは、GLAYツインギターの双璧をなすHISASHI、そしてTAKUROがリスペクトしてやまないギタリストSUGIZOLUNA SEA/X JAPAN)を始め、今年の2月、3月に行った自身初のソロツアー『Journey without a map 2016』で共演した谷中敦氏(東京スカパラダイスオーケストラ)、TOSHI、川村ケンなどの豪華ゲスト達から見たギタリストTAKUROについてを語っている。

また、今作のプロデューサーであるB'z松本孝弘とのロサンゼルスでのレコーディング風景や対談も収録。ギターに真意に向き合う2人の姿は必見のシーンだ。

同DVDにはリードトラックの「Guess Who」MV、MVメイキング、さらにドキュメンタリーフィルムに出演する川村ケン、TOSHI、谷中敦、SUGIZO 、HISASHI(GLAY)、のアナザートークも収録しており、トータルで84分の豪華特典DVDとなっている。

あわせてレコードショップの先着予約購入特典の絵柄も公開されているので、ぜひチェックしてほしい。

■『Journey without a map』特設サイト
http://glay.co.jp/takuro_jwam/

アルバム『Journey without a map』

2016年12月14日発売
【CD+DVD盤】
PCCN-00025/¥3,500+税
【CD only盤】
PCCN-00026/¥2,500+税
【アナログ盤】(初回生産限定)重量盤2枚組
PCJN-00001/¥4,000+税
<収録曲>
■CD、LP
01.Lullaby
02.流転
03.Guess Who
04.Autumn Rain
05.RIOT
06.Istanbul Night
07.Francis Elena
08.Fear & Favors
09.Northern Life
10.Journey without a map
11.函館日和
■DVD
・[Guess Who] MUSIC VIDEO
・[Guess Who] MUSIC VIDEO Making
・[Journey without a map] Documentary Film
・[Journey without a map] Documentary Film Another Talk

◎先着予約購入特典
全国レコードショップ(一部除く):B3オリジナルポスター
GLAY Official Store G-DIRECT:スペシャルポストカード3種セット
TAKURO(GLAY)
B3オリジナルポスター
スペシャルポストカード3種セット

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着