Mr.Children

Mr.Children

Mr.Children、メンバー4人の“今"を
刻み込んだシングル「ヒカリノアトリ
エ」をリリース

Mr.ChildrenがNHK連続テレビ小説『べっびんさん』主題歌に起用された新曲「ヒカリノアトリエ」収録のニューシングルをリリース。同時に2017年春、13か所14公演に及ぶ全国ツアー『Mr.Children Hall Tour 2017 ヒカリノアトリエ』の開催も発表された。
シングルに収録されているすべての楽曲は、22年ぶりのホールツアーを生音の演奏だけで構築するべく、Mr.Childrenの4人とSUNNY (Keyboards & Back Vocal)、山本拓夫 (Saxophone)、ICCHIE (Trumpet)、小春<from チャラン・ポ・ランタン>(Accordion)の8人で結成されたバンド“ヒカリノアトリエ"が演奏する。

2016年、春と秋に分け全国28か所で行なわれた『Mr.Children Hall Tour 2016 虹』にて、バンド“ヒカリノアトリエ"は数多くの楽曲をアレンジ&リアレンジして披露。コンピューターとの同期を一切排除し、一音一音に“今"を注ぎ込む8人のアンサブルは、各会場ごとに違う輝きを放ち、独自のグルーヴ感で味わい深い音を生み出してきた。それはまさにバンド名の由来になっている「ヒカリノアトリエで、虹の絵を描く」ということを体現していた。

本作は、新曲「ヒカリノアトリエ」に加え、虹Tourで披露した「つよがり」「CANDY」「くるみ」を都内スタジオにて新たにライブレコーディングした3曲、さらに『Hall Tour 2016 虹』福井公演より「ランニングハイ」、 熊本公演より「PADDLE」のライブ音源2曲を含む、豪華全6曲が収録される。

2015年に100万人を動員した巨大ツアー終了後、すぐさま都内の小さなリハーサルスタジオにて4人だけで音楽を鳴らし始めたMr.Children。自分たちの音楽を探求し、新たなる挑戦を続ける彼らの新作を是非楽しみにしていてほしい。

シングル「ヒカリノアトリエ」

2017年1月11日発売
TFCC-89625/¥1,389+税
<収録曲>
1.ヒカリノアトリエ
※NHK 連続テレビ小説『べっびんさん』主題歌
2.つよがり(Studio Live)
3.くるみ(Studio Live)
4.CANDY(Studio Live)
5.ランニングハイ(虹 Tour 2016.11.7 FUKUI)
6.PADDLE(虹 Tour 2016.10.14 KUMAMOTO)

『Mr.Children Hall Tour 2017 ヒカリ
ノアトリエ』

3月04日(土)  東京 オリンバスホール八王子
3月08日(水)  広島 広島文化学園 HBG ホール
3月10日(金)  福岡 福岡サンバレス
3月16日(木)  愛知 名古屋国際会議場センチュリーホール
3月18日(土)  三重 三重県文化会館大ホール
3月22日(水)  東京 NHK ホール
3月23日(木)  東京 NHK ホール
3月30日(木)  長崎 長崎ブリックホール
4月01日(土)  鹿児島 鹿児島市民文化ホール
4月07日(金)  石川 金沢歌劇座
4月08日(土)  富山 富山オーバード・ホール
4月13日(木)  和歌山 和歌山県民文化会館
4月15日(土)  京都 ロームシアター京都
4月20日(木)  東京 東京国際フォーラム ホールA
Mr.Children
シングル「ヒカリノアトリエ

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着