デヴィッド・ボウイ

デヴィッド・ボウイ

デヴィッド・ボウイ、生前最後のスタ
ジオ・レコーディング音源より「キリ
ング・ア・リトル・タイム」公開

アルバム『★』発表の2日後、2016年1月10日にこの世を去ったデヴィッド・ボウイ。10月21日に世界同時発売される、生前最後のスタジオ・レコーディング音源3曲を収録した2枚組アルバム『ラザルス』より、未発表音源「キリング・ア・リトル・タイム」がボウイ自身のホームページで公開された。
アルバム『★』と同じくダニー・マッキャスリン率いるカルテットと共にレコーディングされた「ノー・プラン(No Plan)」、「キリング・ア・リトル・タイム(Killing a Little Time)」、「ホエン・アイ・メット・ユー(When I Met You)」の未発表音源3曲は、ボウイとトニー・ヴィスコンティ共同プロデュースによる、最後のスタジオ・レコーディング音源としてアルバム『ラザルス』に収録される。収録される3曲のうち、「ノー・プラン(No Plan)」、「ホエン・アイ・メット・ユー(When I Met You)」は今週18日に英BBCのラジオにて公開された。

アルバムDisc1には、オフ・ブロードウェイ作品としてニューヨークにて上演された『ラザルス』のオリジナル・キャストによる、劇中で歌われているデヴィッド・ボウイの楽曲「世界を売った男(The Man Who Sold The World)」、「チェンジス」、「火星の生活(Life On Mars?)」などを収録、Disc2には、ボウイが生前最後にスタジオ・レコーディングした3曲と表題曲でもある「ラザルス」が収録される、計23曲収録した2枚組作品。アートワークは、『★』、『ザ・ネクスト・デイ』、『ヒーザン』などを手がけた、ジョナサン・バーンブルックによるもの。日本盤は通常のCDプレーヤーで再生可能な高品質フォーマット【Blu-spec CD2】仕様で発売される。

過去にはボウイと『ザ・ネクスト・デイ』で仕事を共にしたヘンリー・ヘイがプロデュースを手がけ、ヘイがニューヨーク公演時に集めた7人編成のハウス・バンドを従え、マイケル・C・ホール(Newton役)、ソフィア・アン・カルーソ(Girl役)、クリスティン・ミリオティ(Elly役)、マイケル・エスパー(Valentine役)他、オリジナル・キャストのヴォーカルがDisc1ではフィーチャーされているが、アルバムが録音されたのは2016年1月11日。スタジオに到着したミュージシャンやキャストは、前日の夜にボウイがこの世を去ってしまったことを知り、ショックと深い悲しみにくれた。その日の彼らの感情のこもった演奏が、今作ではとらえられている。

ヘンリー・ヘイは「スケジュールは前から決まっていたんだ。忙しいキャストが全員集まれるのはこの日だけ。ほかならぬボウイがアルバムの完成を望んでいるのだから、もうやるしかない! という思いだった。つらい日でもあったけど、とても美しい日だったとも言える。あの日でなかったら、ああいう気持ちで歌えなかった。一人家で悲しみに暮れているより、皆と一緒にいられて良かった。揃って彼の音楽を祝福することができたわけだからね」と、その時の事を振りかえっている。

舞台『ラザルス』は、1963年のウォルター・テヴィス著『地球に落ちてきた男(The Man Who Fell to Earth)』から着想を得て、デヴィッド・ボウイとブロードウェイ・ミュージカルとして大ヒットした『ONCE ダブリンの街角で』の脚本を手がけた劇作家エンダ・ウォルシュによって書かれ、ベルギー出身の演出家イヴォ・ヴァン・ホーヴェが監督した作品。ニューヨーク・シアター・ワークショップにてオフ・ブロードウェイ作品として昨年11月から2016年1月まで上演され、今年の10月25日よりロンドン、キング・クロス・シアターにて英国公演として上演される。1976年、ニコラス・ローグ監督のもと『地球に落ちて来た男(The Man Who Fell to Earth)』は、映画化もされており、デヴィッド・ボウイが中心人物トーマス・ジェローム・ニュートン役を演じたことでも知られ、舞台『ラザルス』はニュートンのキャラクターに焦点を当てたものである。

いよいよ10月21日に、デヴィッド・ボウイから“地球への最後の贈物"『ラザルス』が届けられる。そして日本では、70回目の誕生日でもある2017年1月8日より、大回顧展『DAVID BOWIE is』がスタートとなる。

「キリング・ア・リトル・タイム」

アルバム『ラザルス』

2016年10月21日発売
SICP 31020~1/¥3,333+税
仕様:2枚組 / 初回デジパック仕様 / Blu-spec CD2 /歌詞・対訳・解説付
<収録曲>
■DISC 1
1. Hello Mary Lou (Goodbye Heart) – Ricky Nelson
2. Lazarus – Michael C. Hall & Original New York Cast of Lazarus
3. It's No Game – Michael C. Hall, Lynn Craig & Original New York Cast of Lazarus
4. This Is Not America – Sophia Anne Caruso & Original New York Cast of Lazarus
5. The Man Who Sold The World – Charlie Pollack
6. No Plan – Sophia Anne Caruso
7. Love Is Lost – Michael Esper & Original New York Cast of Lazarus
8. Changes – Cristin Milioti & Original New York Cast of Lazarus
9. Where Are We Now? – Michael C. Hall & Original New York Cast of Lazarus
10. Absolute Beginners – Michael C. Hall, Cristin Milioti, Michael Esper, Sophia Anne Caruso, Krystina Alabado & Original New York Cast of Lazarus
11. Dirty Boys – Michael Esper
12. Killing A Little Time – Michael C. Hall
13. Life On Mars? – Sophia Anne Caruso
14. All The Young Dudes – Nicholas Christopher, Lynn Craig, Michael Esper, Sophia Anne Caruso & Original New York Cast of Lazarus
15. Sound And Vision – David Bowie
16. Always Crashing in the Same Car – Cristin Milioti
17. Valentine's Day – Michael Esper & Original New York Cast of Lazarus
18. When I Met You – Michael C. Hall & Krystina Alabama
19. Heroes – Michael C. Hall, Sophia Anne Caruso & Original New York Cast of Lazarus
■DISC 2
1. Lazarus – David Bowie(アルバム『★』より)
2. No Plan – David Bowie *
3. Killing a Little Time – David Bowie *
4. When I Met You – David Bowie *
*デヴィッド・ボウイ最後のスタジオ・レコーディング楽曲収録

【大回顧展『DAVID BOWIE is』】

会期:2017年1月8日(日)~4月9日(日)
会場:寺田倉庫G1ビル(東京都品川区東品川二丁目6番10号)
主催:DAVID BOWIE is 日本展実行委員会
企画:ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)
公式サイト:http://www.davidbowieis.jp/
デヴィッド・ボウイ
大回顧展『DAVID BOWIE is』
アルバム『ラザルス』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着