V系シンフォニック・メタルバンドの摩天楼オペラが2ndシングルをリリース

V系シンフォニック・メタルバンドの摩天楼オペラが2ndシングルをリリース

V系シンフォニック・メタルバンド“
摩天楼オペラ”、2ndシングルをリリ
ース

V系シーンの新旗手として注目を集めている摩天楼オペラが、10月19日(水)に2ndシングル「落とし穴の底はこんな世界」をリリースした。
2007年に結成しインディーズ・デビューして以来、ヨーロッパでのリリースとツアー、国内ワンマン・ツアーを経て、急速にその名を広めてきている彼ら。遂に昨年10月、ミニ・アルバム『Abyss』でメジャー・デビューを果たし、今年7月にリリースした1stシングル「Helois」はオリコン ウィークリーチャート初登場16位を獲得。その新曲を引っさげて東名阪ワンマン・ツアー『〜Beyond the Helios〜』も行っている。

今回リリースするニュー・シングル「落とし穴の底はこんな世界」は、最愛の人を失った狂おしい感情と復讐心から人を殺め、そして快楽さえも覚えるという猟奇的な内容の歌詞が、シンフォニック・サウンドと激しく弾けるブラスト・ビートが融合した楽曲である。重厚で儚く、激しくも優しいサウンド、そして剥き出しの心情を詩的に綴った叙情的な歌詞世界。それらが彼らの確立してきた独自の音楽ジャンル“シンフォニック・メタル”であり、こんな時代だからこそ彼らの音楽が多くの人の心に共鳴を生んでいるのかもしれない。

摩天楼オペラは、10月15日(土)韓国で行われた『2011 Big Field Rock Festival』へ参加、そして10月23日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『V-ROCK FESTIVAL’11』へ2度目の出演を控えている。また11月5日(土)から全国4箇所で主催イベントツアー<摩天楼オペラPresents「Skyscraper Rendezvous'11」>を開催する。

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着