【サマーソニック2016】東京会場の注目出演アーティストをチェック!

    サマーソニック2016東京 注目出演アーティスト 1 伝説のバンド「THE YELLOW MONKEY」

    (出典:
    より)バンド黄金時代といわれる90年代中盤~後半。とりわけビジュアルバンドがブームとなっていたこの年代に、実力でのし上がってきた伝説のバンド
    。言わずと知れた、日本を代表するバンドです。サマーソニック2016では、東京会場2日目のMARINE STAGEに出演します。ボーカル吉井和哉、ギター菊池英昭、ベース廣瀬洋一、ドラム菊池英二の4人からなるこのバンドは1988年に結成され、長い間目立ったヒットが生まれなかったものの、1995年の「太陽が燃えている」でオリコントップ10にランクイン。翌年の9thシングル「JAM」では80万枚を超えるヒットとなりました。2004年に惜しまれつつも解散となったものの、今年2016年に再結成し、今もなお私たちに新しい音楽を届けてくれています。

    サマーソニック2016東京 注目出演アーティスト 2 天才クリエイティブ集団!「METAFIVE」

    より)サマーソニック2016では、東京会場2日目のSONIC STAGEに出演する
    METAFIVE誕生のキッカケは、2014年に行われたイベントの「テクノリサイタル」。このイベントは、日本のテクノポップの先駆けであるYMOの楽曲を再現した一夜限りのスペシャルライブで、YMOメンバーの高橋幸宏を中心に、小山田圭吾砂原良徳、TOWA TEI、ゴンドウトモヒコ、LEO今井のYMOチルドレンで「高橋幸宏&METAFIVEを結成。後に「METAFIVE」に改名し、2016年に1stアルバム「META」をリリースしました。「Luv U Tokio」では、往年のYMOミュージックを感じさせるキャッチーなサウンドに仕上っています。これだけのテクノポップシーンを代表する豪華メンバーが集まったとしても、個性と個性のぶつかり合いになるのかと思いきや、絶妙に融合されたサウンドはまさに一級品です。

    サマーソニック2016東京 注目出演アーティスト 3 個性派普通男子?「星野源」

    より)音楽活動の他に、俳優、文筆家、映像ディレクターなど、様々な分野で活躍する
    。2016年のサマーソニックは、東京会場1日目のMARINE STAGEに出演します。昨年リリースされた「SUN」は、阿部サダヲ主演のドラマ「心がポキっとね」の主題歌として大ヒット。紅白歌合戦にも初出場しました。「SUN」は、自分が病に倒れ生死を彷徨ったことがキッカケで作った曲だそうです。この作品で注目された彼ですが、1stシングル「くだらないの中に」から非常に魅力的な楽曲を生み出しています。日常の些細な幸せを、温かみと少し切なさを感じる歌声で表現する彼の音楽は、他のアーティストにはないアイデンティティです。

    サマーソニック2016東京 注目出演アーティスト 4 ドイツ生まれのネオクラッシックミュージック「Digitalism」

    より)ハンブルグ出身のJENCE(イェンス)、ISI(イシ)の二人からなるエレクトロDJデュオの
    。日本では2007年デビューアルバム「Idealism」を発売しましたが、この年のサマーソニックにも出演するほどの実力派。大ヒットナンバーの「Pogo」は、あのJusticeやSoulwaxもスピンしました。懐かしいサウンドの中にある斬新なメロディーラインは、ネオクラシック。2011年発売の2ndアルバム「I Love You, Dude」に続き5年振りに発売の3rdアルバム「mirage」を引っさげて、2016年のサマーソニックには9年振り2回目の出演です。東京会場1日目のMOUNTAIN STAGEですのでお見逃しなく。

    サマーソニック2016 東京 出演アーティストたちの底力を括目して見よ! 

    より)国内外から多数のアーティストが参加し、毎年数々の伝説が生まれるサマーソニック。2016年の今年は、出演アーティストたちが一体どんなステージを私たちに見せてくれるのでしょうか。今回は東京会場のみに限定してアーティストをご紹介しましたが、東京大阪ともに、きっと目が離せない素晴らしいステージになるにちがいありませんね。今から期待して待ちましょう!

    サマーソニック2016のオススメ記事

    サマーソニック2016を観に行こう!

    では
    のチケットを取り扱っています!是非チェックしてください!
    の記事です
    0コメント

      吉井和哉の関連情報