「7月クールの主演ドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員』(フジテレビ系)の番宣活動が始まり、さながら公開処刑のような雰囲気です」とはジャニーズウオッチャー。

     7連泊愛がスクープされた後は双方ともに表向きはスルーを続けてきたが、契約があるため、吉田はイベントなどに出席し、中島も番宣を兼ねてバラエティーなどに登場するようになった。
     「吉田は出席イベントで突然、意味深なコメントで涙を流したりする一方で、大音量で声掛け質問をシャットアウトするなど関係者とマスコミの攻防戦が続いています。とはいえ仕事は絶えない状態で、むしろ年下のアイドルをつかまえたことで、嫉妬に満ちた羨望を集めています
    。その一方、気の毒なのは中島の方。一気に人気凋落です」
     中島は自ら年上好きを公言していたが、ネタではなく現実での吉田との手つなぎ&連泊愛報道。ドン引きしたファンが多いだろう。
     「相手が同年代のアイドルでも、まさかの年上女優でも、ファンはガッカリでしょうが、それより深刻なのは『犯罪者が許されるのか?』という世間の評です」

     中島は、吉田のマンションに連泊した直後、泥酔して30代の女性に抱きつくという痴漢行為で警察のお世話になったことも週刊誌で暴露された。
     「抱きつかれた女性が告訴しなかったために穏便にすませたらしいですが、世間的には『痴漢という犯罪をジャニーズがうやむやにした』という印象。不倫で活動停止になったタレントもいるのに、『犯罪者が何事もなくドラマ主演はおかしい』という声が噴出しています」

     痴漢行為ではジャニーズ事務所が週刊誌の取材に対して謝罪し、「本人も深く反省しております」とコメント。グループには禁酒が発令されたという。

     「泥酔して全裸になって通報されたSMAPの草なぎ剛(42)はしばらく謹慎・禁酒していましたが、中島はおとがめなし。役者としては硬軟自在の演技で定評がありますが、プライベートでは酒グセが悪い熟女好きと知れ渡り、今では中島を見て吹き出す業界人も多数。本人も針のムシロ状態でしょう」

     確かに騒動以来、吉田はもちろん、中島を見る目は変わってしまった。
     「不幸中の幸いだったのは中島の主演ドラマがフジテレビだったという点。ドン底のフジに出たがる俳優が激減していますから代役を立てることさえ双方の恥の上塗りになる。せめてお抱えのスポーツ紙とワイドショーのリポーターが無視をきめこむといういつものパターンでしたが、ネット界では非難ごうごうです」

     そのドラマの日曜午後9時放送という爆死枠。フジは早々に「話題の中島が主演決定!」などと打って出たが、視聴率戦争からすでに脱落しているのは目に見えている。
     「フジの亀山千広社長(60)は株主総会で、減収著しい放送事業について批判され、『回復の糸口はドラマ』などと寝ぼけた発言をして株主を呆れさせました。『HOPE』は韓国ドラマのリメーク。フジの凋落はそもそも韓流垂れ流しに始まったことをトップが理解していないのですから、噴飯ものです」(先のウオッチャー)
     負け戦に挑む中島に幸あれ…。
    NewsCafeゲイノウ

    【関連記事】
    ・ ・ ・ ・

    アーティスト

    タグ

      0コメント

        SMAPの関連情報