願い事をする時に、聴くとご利益があ
りそうな曲

選曲のエキスパート“ミュージックソムリエ”があなたに贈る、日常のワンシーンでふと聴きたくなるあんな曲やこんな曲――今宵は七夕、「願い事をする時に、聴くとご利益がありそうな曲」をどうぞ。

1.「小さきもの」/林明日香

●夢を叶える――歌がつないだ七夜の願い星
2003年、13歳でデビューした林明日香が同年に発表したこの曲は、映画『劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ』の主題歌。そのミュージックビデオに出演していた歌手を夢見る少女こそ、のちのももいろクローバーZ・有安杏果だった。今月3日に自身初となるソロコンサートを実現。幼き日の自分が映るMVをバックに「小さきもの」のカバーを初披露した。会場の横浜アリーナには、歌がつないだ夢の縁を喜ぶように、無数のペンライトが優しく瞬いた。願いは、叶うものなのだ。
(選曲・文:麻布さやか)

2.「アヴェ・マリア」(作曲:マスカー
ニ) / 森麻季

●心身お清め効果抜群!天から降り注ぐ歌声
マスカーニ作曲のオペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」の間奏曲に歌詞を付けた歌曲。苦悩の中、信者が聖母マリアにお慈悲を訴える内容。繊細なメロディーの前半、壮大な広がりを想像させる後半。日本を代表するソプラノ歌手の、一貫して透明感のある歌声が響く。高音を歌い上げる部分では、大気の震えが細胞ひとつひとつに行き渡り、純粋に今生きていることを感謝したくなる。
(選曲・文/山本陽子)

3.「Pie Jesu」 /Celtic Woman

●澄み渡る天使の歌声に気持ちも浄化されます
ミュージカル『キャッツ』や『オペラ座の怪人』の作曲者、アンドリュー・ロイド・ウェバーが書いた『レクイエム』からの1曲。ケルティック・ウーマンの生み出すハーモニーはシフォンのように柔らかで美しく、ふんわり包み込まれるよう。聴けば曲に宿った天使が舞い降りて、あなたの願い事を天に届けてくれるかも……。
(選曲・文/高原千紘)

 

4.「Wishing On A Star」/Seal

●元カレ元カノとヨリを戻したいあなたへ……
1978年にリリースされたローズ・ロイスの歌うオリジナルは甘くロマンティック、ビヨンセのカバーはやたら色っぽい。なので今回は、天にも届きそうな神々しい歌声、シールのバージョンをチョイスしました。星にも夢にも虹にも、すべてに願っているんだ!どうか戻ってきて、君とやり直したい!という、やや女々しい内容ながらも、シールの歌声にかかれば、男女の恋愛を超越したもっと神聖な願いに聞こえます。第一声から鳥肌モノ!
(選曲・文/高原千紘)
 
 

5.「Nica’s Dream」/Wes Montgomery

●もし願いごとが3つ叶うなら何を願う?
1950年代のこと。若手ジャズプレイヤーを支えたパトロン、パノニカ夫人(愛称:ニカ)は交流した若者たちに、こう質問したと言います。「もし願いごとが3つ叶うなら何を願う?」。若者たちの可能性を愛したニカ。この曲は彼女に捧げた名曲(ホレス・シルバー作)を、ウェス・モンゴメリーがカバーしたもの。『ライブ・イン’65』収録。メロディアスなギターが曲を彩っており、ニカの包容力を感じさせます。あなたの願い事のおともに。
(選曲・文/旧一呉太良)
 
 

6.「ハピネス」/AI

●この曲を聴けば、もっともっと幸せが広がる
コカ・コーラ社のCMでお馴染みのこの曲。「Story」も名曲ですが、今やAIといえばコレ!というくらいの存在ですね。聴いていてハッピーな気分にさせてくれる、その結果“すべてが良くなる”。
笑う門には福来たる、ということわざを、まさに体現している一曲です。
(選曲・文/Kersee)

  

7.「A Whole New World」/Regina Bel
le & Peabo Bryson

●短冊?魔法のランプ?何でもイイから願い叶えて!
願い事は人それぞれ。なるべく沢山の願いを後押ししてくれる歌が良いですよね。あなたの夢は何ですか?
「空を自由に飛びたいな」、はい、魔法の絨毯。「恋愛成就」、はい、この曲が主題歌のディズニー映画『アラジン』の美しい恋物語で、あなたの恋愛力も急上昇です。「世界平和」、では新しい世界へ!
ちなみに、アラジンの世界の幸運のアイテム「スカラベ」とは、実はフンコロガシの事でございます。お後がよろしいようで。
(選曲・文/今井義明) 

 

8.「主よ人の望みの喜びを」/J.S.バッ

●唯一無二の響き パイプオルガンで奏でる想い
バッハが1723年に作曲した教会カンタータの有名なコラールです。パイプオルガンは、数千本のパイプ(音色)の組合せを、毎回、オルガニストが「音作り」をして演奏するオンリーワンの響き。ご紹介した動画は、演奏家・塚谷水無子さんが3.11のあとに“Play for Japan”として発表したもの。オランダの聖バフォ教会にある、世界最大級の、モーツァルトも演奏した由緒あるパイプオルガンの音色です。
安らぎを感じる美しい上昇系の旋律は、祈りや願いを主のもとに届けてくれるかのようです。
(選曲・文/堀川将史)

 
さて、お気に召した選曲はございましたか。
ぜひこれを機にCDやレコードなどの音源でも、お楽しみいただければ幸いです。
それでは皆様の願いも叶うよう祈りつつ、このへんで……。

著者:NPO法人ミュージックソムリエ協会

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。