FLYING KIDS、再結成後約2年振り2枚目となるアルバム『LIFE WORKS JOURNEY』をリリース

FLYING KIDS、再結成後約2年振り2枚目となるアルバム『LIFE WORKS JOURNEY』をリリース

FLYING KIDS、再結成後2作目アルバム
にスチャダラパーBOSE、THE BACK HO
RN山田将司ら参加

FLYING KIDS再結成後約2年振り2枚目となるニューアルバム『LIFE WORKS JOURNEY』に、ヴォーカル浜崎貴司と20年来の親交を持つスチャダラパーのBOSEや、THE BACK HORNのVo. 山田将司とのコラボ曲を収録されることが明らかになった。
イカ天初代グランドキングとして一躍脚光を浴び1990年にデビュー、1998年に解散したものの2007年に再集結し、2009年に約11年半ぶりとなるアルバム『エボリューション』をリリースした彼ら。前作がFLYING KIDSの“FUNK”だとすれば、今作はFLYING KIDSの“歌”を聴かせる内容となっており、ヴォーカル浜崎貴司のソロ活動である「1人旅ツアー」の影響も色濃く出たアルバムと言える。

全12曲のうち今回明らかになったのは、スチャダラパーのBOSEを客演に迎えた夏の終わりにぴったりな「SQUALL」。約20年の付き合いである両者からすれば、今まで無かった事が不思議な組み合わせではあるが、息のあったコラボレーションを聴かせてくれそうだ。
また、「愛しさの中で」では、THE BACK HORNのヴォーカル・山田将司とのタッグが実現。リリースに先駆けて同曲PVのスペシャルトレーラーをオフィシャルサイトに先行公開している。

デビューから20年を経て、今やメンバーも全員40代。新作には40代も半ばを過ぎた男たちの「日々の暮らしの中から生まれた、現実味を持った青春への憧憬」など、この年齢だからこそ語れる音楽が詰まっているという。
Vo.浜崎も本作について、
「『しなやかさ』や『優しさ『柔らかさ』などを上手く表現できるようになってきた。『言葉』や『演奏』の両面から、『それぞれが音楽を通して向き合ってきた人生観』みたいなものを、上手く『共通の想い』としてまとめあげられた実感は、僕らも感じていること」と打ち明けると同時に、「FLYING KIDSの新しいサウンドに出会えた感触を持てた」とも語っている。

今後の活躍がますます期待されるFLYING KIDSだが、アルバム発売後の来年1月には待望のライブツアー“JOY! 〜 一期一会”を東京、大阪の2箇所で行う。

【アルバム概要】
『LIFE WORKS JOURNEY』
2011年9月21日(水)
2,500円(税込)
[収録曲]
SQUALL、愛しさの中で、JOY! 他 全12曲収録

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着