JET SET BOYS

JET SET BOYS

JET SET BOYS、話題のアルバムリード
曲を先行配信!

元BOØWYのドラマーである高橋まことを中心に結成された新バンド、JET SET BOYS。そのアルバムリリースが6月1日に迫るなか、すでにFMでのオンエアで話題となっている収録曲「ZIPPER DOWN」の配信がスタートした。
ネット上ではすでにバンドのトレーラー映像が公開されており、ジャケット撮影やレコーディング風景などで少しずつメンバーの様子が明らかになってはいるが、楽曲がフルサイズで聴けるのはこれが初めてとなる。

この4人だからこそ生み出せる、期待を超えたパワーと唯一無二のグルーヴ感、サウンドをぜひチェックしてみてほしい。

【高橋まこと コメント】

東日本大震災がひとつのターニングポイントだったと思う。
それまでは、解散して30年以上も経つ[BOØWYの高橋まこと]という肩書きで来た。そのままの形で音楽を続けている自分自身に、何となく違和感を感じはじめた。
『本当にこれで良いのか? 残された人生でもう一度バンドを組んでみたい。』
そんな気持ちが震災後から芽生え始めたのかもしれない。
自分のパートとしてドラムをやり続けているなかで、他の楽器と組まなければ自分の立ち位置がないなかで、俺はスタジオミュージシャンではなくバンドのドラムとして生きていたいと…。心の中でフラストレーションを抱えながら、バンドをやり続けているミュージシャンを横目で見て素直に羨ましかった。
『死んだら最後、悔いのない人生をもう一度バンドで終わりたい。』
こだわりを捨て、変なプライドを捨て、純粋にバンドを一緒にやってくれるメンバーを探し始め、約2年の歳月をかけて3人と出会った。
『ボーカル 椎名慶治、ギター 友森昭一、ベース tatsu』
そしてこの3人に想いを伝えた。
『シンプルな形態でもう一度バンドをやりたい』と。
彼ら3人は何の不満もなく、二つ返事で快く受けてくれた。
『素直に嬉しかった。』
昔、まだ音楽で食えなかった、若い頃のような気持ちでゼロから始めたい。
メンバーそれぞれに気持ちは伝えなくても、分かり合える感覚でいられる。
『バンドはチームであり、ひとつの目標に向かう生き物だと思う。』

高橋まこと

アルバム『JET SET BOYS』

2016年6月1日発売
HHCL-0001/¥3,000+税
※曲目未定

配信楽曲「ZIPPER DOWN」

作詞:野口圭
作曲:友森昭一、椎名慶治
編曲:JET SET BOYS

■iTunes Store
https://itunes.apple.com/album/zipper-down-single/id1110180093?app=itunes&at=10I3LI
■レコチョク
http://recochoku.jp/song/S1003216492/

JET SET BOYS LIVE TOUR 2016「JET SE
T BOYS」

6月04日(土) 東京・新宿LOFT
6月11日(土) 福島・Iwaki PIT
6月17日(金) 大阪・梅田CLUB QUATTRO
6月18日(土) 愛知・名古屋アポロベース
7月03日(日) 東京・ EX THEATER ROPPONGI
JET SET BOYS
アルバム『JET SET BOYS』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着