5月17日@日本工学院蒲田

5月17日@日本工学院蒲田

お祭り系アイドルFES☆TIVEが、工学
院で「ワッショイ!」連発!!

お祭り系アイドルとして注目を集める8人組アイドルグループのFES☆TIVEが、5月17日に日本工学院蒲田で行われた特別授業にゲストとして登壇。約300名の学生を前に、かけ声の「ワッショイ!」を連発し、現役アイドルの勢いとリアルなトークで学生たちを沸かせた。
これは、日本工学院専門学校蒲田校コンサート・イベント科で、音楽ライターの榑林史章氏が行っている講義の一環として行われたもの。通常は音楽フリーペーパー「okmusic UP’s」をテキスト代わりにしているが、音楽シーンから生の声を伝えたいとして、この日はFES☆TIVEをゲストに迎えた。カラフルな衣装を身にまとった6名のメンバーが教室に現れると、「かわいい!」「細い!」など声が上がり、教室は生のアイドルを目の当たりにした学生たちの興奮と熱気で満ちあふれた。

いつものアツく激しいダンスと歌は封印し、トークで凌ぎを削ったこの日。「アイドルになろうと思ったきっかけ」について話すコーナーで、「実は今の事務所のオーディションに一度落ちて。二度目で受かったときに一度落ちたことをスタッフさんに話したら”そうだっけ?”と言われ、第一印象の大切さを知りました(笑)」(鈴木ことね)。「最初はモデルになりたかったけど、篠田麻里子さんに憧れてアイドルもモデルもやれる人になりたいと思ったんです」(桃原ひよ)など、それぞれの意外なルーツを激白。学生からの質問にも気軽に答え、金髪がトレードマークの鈴木みつきへの「なぜ金髪にしたのか」という質問には、「背が低くて、ライブで見つけられなかったと(冗談で)言われることが多くて。でも金髪にしたら、目立ってすぐ見つけてもらえるようになりました」(鈴木みつき)。「ライブの必需品は何ですか?」という問いには「アロンアルファやガムテです。ダンスが激しいので、穴があいたときにすぐ修理出来るように」(汐咲玲亜)。「ドライヤーと延長コードです。ライブ後は汗がすごいので、特典会までの時間で必死に乾かしてます(笑)」(青葉ひより)と、アイドルの意外な苦労も。さらに「年齢を重ねて悩むことは?」という切実な問いには、最年長の坂元由奈が「考えることもあるけれど、関係ない。年齢なりにやり方があるはず」と回答した。ユーモア溢れる答えからマジメな答えまで、終始笑い声の絶えない講義になった。

また、コンサートスタッフを目指す学生から、FES☆TIVEのさらなる活躍に向けて「結婚ソングを歌う」「昔のアイドルの曲をカバーする」など、企画アイデアも飛び出すと「なるほど~」「いいね!」と、学生の言葉に耳を傾けたメンバー。約90分の講義参加を終え、「ファンとは違った、年齢の近い人とコミュニケーションを取ることがなかなかないので、とても貴重な体験でした。初めてのことですごく緊張したけど、みんなが盛り上がってくれたので、すごく楽しかったです。この経験を明日のワンマンライブに活かせるように頑張ります!!」と、最年少リーダーの汐咲玲亜は、充実した様子で話した。

FES☆TIVEは、5月18日に渋谷・TSUTAYA O-EASTでワンマンライブを開催する。学生達からもらったパワーで、アツいステージを繰り広げてくれそうだ。
5月17日@日本工学院蒲田
5月17日@日本工学院蒲田
5月17日@日本工学院蒲田
5月17日@日本工学院蒲田
5月17日@日本工学院蒲田

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着