5月6日@横浜Club Lizard(アカシック)

5月6日@横浜Club Lizard(アカシック)

アカシック、Benthamを対バンに迎え
て全国ツアー初日が終了

3月に1st アルバム『凛々フルーツ』を発売したアカシックが、5月6日(土)に横浜Club Lizardにて全国5ヶ所をまわるリリースツアー「日本凛々ツアー」の初日を迎えた。対バンにBenthamを迎えて行われた初日公演は生憎の雨模様の中、多くのファンが詰めかけた。
横浜~福岡公演までは、対バンライブが続く今回のツアー。初日の横浜公演には、アカシックとは初共演となり、現在着実にシーンでその存在感を増している大注目バンド:Benthamが登場。

メンバー4人中2人が川崎出身ながら、意外にもBenthamとしては初となる横浜でのライブというエピソードなどを交えつつ、演奏力の高さが随所に光るパフォーマンスで、7月6日発売の7曲入りのNEW EP「ExP」からの新曲「サテライト」を含む計8曲を披露した。

続いて、こちらも意外にも初となる横浜での主催ライブとなった、本日の主役でもあるアカシックが登場。新作『凛々フルーツ』の1曲目でもある、厳かな雰囲気漂う「結婚」からスタートしたステージは、理姫による「横浜行けんのかー!」の掛け声とともに、一転してアルバムのリード曲「8ミリフィルム」、「CGギャル」、「ヨコハマカモメ」とアップテンポな楽曲を畳み掛けるように披露し、一気に会場のボルテージを最高潮に持っていく。その後も人気俳優:中村倫也主演のMVでも話題を集めるロックバラード「今日から夜は家にいるよ」を見事に歌いあげたり、アップテンポな「華金」では今度はKey:Hachiによる「横浜行けんのかー!」の掛け声ともに、メンバーもファンも会場一体となってタオルを振りまわしたりと、ツアー初日らしいエネルギッシュな公演は、アンコールのラストに地元:横浜が誇る球団:ベイスターズのユニフォームに身を包んだ理姫が客席の中に単身乗り込み「ツイニーヨコハマ」を歌い上げて終了。アンコール含め計12曲の披露となった。

なお、このアカシック全国ツアー「日本凛々ツアー」はこの後、5月21日(土)名古屋ell.FITS ALL (w/モーモールルギャバン and more) 、5月22日(日) 大阪ROCK TOWN(w/モーモールルギャバン、FABLED NUMBER) 、6月11日(土) 福岡graf(w/PELICAN FANCLUB、CICADA)での公演を経て、6月25日(土)に東京キネマ倶楽部 でのワンマン公演でツアーを締めくくる。チケットは絶賛一般発売中。詳しくはオフィシャルHPまで。

アカシック「日本凛々ツアー」teaser

全国ツアー「日本凛々ツアー」

5月21日(土) 名古屋ell.FITS ALL 
出演:アカシック・モーモールルギャバン and more
5月22日(日) 大阪ROCK TOWN 
出演:アカシック・モーモールルギャバン、FABLED NUMBER
6月11日(土) 福岡graf 
出演:アカシック・PELICAN FANCLUB、CICADA
6月25日(土) 東京キネマ倶楽部
※ワンマンライブ>

アルバム『凛々フルーツ』

発売中
WPCL-12322/¥2,800+税
<収録曲>
1.結婚
2.8ミリフィルム
3.サンデイバージンディアボーイ
4.今日から夜は家にいるよ
5.ヨコハマカモメ
6.飴と日傘
7.ギャングスタ
8.うたかたの日々
9.ロリータ
10.華金
11.馬鹿なハスキーエイジ
12.恋は媚薬だなんて冷めるわ
13.夢遊
5月6日@横浜Club Lizard(アカシック)
5月6日@横浜Club Lizard(アカシック)
5月6日@横浜Club Lizard(アカシック)
5月6日@横浜Club Lizard(Bentham)
5月6日@横浜Club Lizard(Bentham)
アカシック

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」