【連載コラム】稚菜、aikoの「もっと
」をカバー

こんばんは。

さて恒例の今日の一曲。
今回はaikoさんの「もっと」。
この曲は「ダメな私に恋してください」というドラマの主題歌で、撮影場所はららぽーと豊洲。
もちろん見ていました。笑
aikoさんの曲はなかなか難しいものが多い。
自分が作ったり歌ったりしない様な曲ばかりですが、
いつもかっこいいなぁなんて事を思っていたりします。
是非、聴いてみて下さい。
段々と暖かくなってきている季節。
この撮影をした時も久しぶりに暖かく、そしてそばには桜が咲いていました。
私は桜等の花や自然類のものは、それこそずっと何時間でも見ていられる性格。
むしろ自分だけの世界に入り込んでしまいます。
一眼レフを買ってからはさらにその時間が長くなりました。
…おかげで一緒にいる人には待たせる、という迷惑をかけてしまっている事かと思います。(…なので一人で出かける様にはしてますが。(笑)
そんなこんなでせっかく暖かくなったのでね、先日お花見をして来ました。
私はやっぱりひたすら写真を撮っていました。笑
お花はもちろん、人の素の笑った顔。
私が何よりも好きなもの。
大切な人たちの大好きな笑顔を切り取りたくて、私はカメラを買ったのかもしれないなぁ。
なんて事をふと思った瞬間。
そんな写真を褒められてちょっと調子に乗ったのでした。笑
桜を愛でるという風習はいつからあるのだろうか。
「お花見やBBQなど人は何かと理由を付けて外で飲みたがる」と言う話を聞いた事があります。
本当にその通りだとは思いますが。笑
でもやっぱり大好きな人たちと一緒に昼間から笑って過ごせる時間って凄く大切だなって思う。
中には知らない人ももちろんいるけれど、お花見をして仲良くなれる瞬間って結構多い気もする。
春の短い間にしか咲かない、儚いからこそ綺麗な桜が導いてくれる不思議な時間。
だから、薄紅の優しい色合いをしているのかな、なんて事を思った。
ただ一つだけいつも思う残念な事。
会場に向かうまでに見かける散乱している沢山のゴミ。
花火大会やハロウィンなど何かイベント事があるたびに必ずある問題。
ちょっとだけ悲しくなる。
元々綺麗だったはずなのになぁ。
一人一人がちょっとだけ、その当たり前の事に気を付けるだけで変えられる事。
花を愛でたり、人と沢山話したり、お酒を飲みながら皆でご飯をつまんだり、はたまた私みたいにずっと写真を撮ったり。笑
それぞれ多いに楽しめばいいと思うんだ。
でも、楽しむのなら楽しむなりのルールも存在する。
日本は綺麗だと言われている国。
大切な事だけは忘れないで欲しいと思ったのでありました。
そして最後までめいいっぱい春に触れて楽しみましょうね。

著者:稚菜

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。