THE MODSの関連情報

AWAのOKMusicアカウントにて、森山達也(THE MODS)選曲のプレイリストを公開

森山が作成したプレイリストのテーマは『ロックビギナーにおすすめの曲』。楽曲ラインナップには、The Rolling Stones、The Beatlesといった誰もが知る現代ロックのルーツとも言える作品が揃い踏みしており、まさにロックビギナー必見の内容となっている。

今回は、そんな森山のプレイリストを、okmusic UP’sのTHE MODSインタビューページに掲載されている本人のコメントと合わせて紹介したいと思う。

「(I Can’t Get No) Satisfaction」/The Rolling Stones

まずは、先ほど挙げたThe Rolling Stonesの「(I Can’t Get No) Satisfaction」から。The Rolling Stonesの代表曲として知られるこの楽曲は、それまでの異なる作風が当時世界に大きな衝撃を与え、今もなお色あせずにロックファンの心を打ち続けている楽曲だ。そんな「(I Can’t Get No) Satisfaction」に対し、森山は『これが世界一シンプルで、世界一クールで、世界一のロックリフ。』とコメント。この簡潔な一文に全てが要約されていると言っても過言ではないだろう。

「Please Please Me」/The Beatles

続いてはThe Beatlesの「Please Please Me」。「カモン カモン」と繰り返してハモる陽気なフレーズは音楽に明るくない方でも一度は耳にしたことがあるのではないだろうか。こちらもThe Beatlesの有名な楽曲ではあるが、森山が寄せた『小学生の時に最初に出会ったビート! この曲で今の自分がある。』というコメントから、彼自身のルーツとなる重要な一曲であることがわかる。

「My Generation」/The Who

そして、The Rolling Stones、The Beatlesと並び、ロックの歴史を築き上げたアーティストの一組でもあるThe Whoの「My Generation」もプレイリストに挙げられている。森山のコメントはこうだ。『ブリティッシュロックの未来を位置づけた、破壊的で奇跡の曲。この曲がパンクロックへと続く。』。この作品は楽曲が持つ衝撃と意外性がファンを熱狂させ、彼らのイギリス人気が目に見えるようになった起点でもある。様々なアーティストがカバーした作品を耳にしたことがある方も多いかもしれない。

すべての楽曲を紹介したいところだが、自分の目と耳で楽曲に触れることがロックの歴史を学ぶ最良の手であることは間違いないので、全8曲の楽曲とコメントはぜひご自身で確かめてほしい。

新しいプレイリストを発見

また、こういったAWAユーザーのプレイリストを覗くことで、自分の好みとは異なるジャンルへの扉が開くことがある。好きなアーティストのプレイリストをチェックしたり、好きな楽曲を含んだプレイリストを辿ってみたり、楽しみ方は様々。たくさん楽曲を聴けば聴くほど自分にぴったりのプレイリストが見つかるはずだ。ぜひAWAで新しい音楽との出会いの旅に出かけてみてはいかがだろうか。

アーティスト

タグ

1コメント
  • OKMusic @OKMusicOfficial
    AWAのOKMusicアカウントにて、森山達也(THE MODS)選曲のプレイリストを公開 https://t.co/HSL48ZGqNw #THEMODS https://t.co/1oyK2LWZR4