「HD-Music. 2周年大感謝祭」

「HD-Music. 2周年大感謝祭」

ハイレゾ音源配信サイト『VICTOR ST
UDIO HD-Music.』が「HD-Music.2周年
大感謝祭」を実施

ビクタースタジオが運営するハイレゾ音源配信サイト『VICTOR STUDIO HD-Music.』が2月6日にサイトオープン2周年を迎えるにあたり、記念イベントとして「HD-Music.2周年大感謝祭」を開催する。
キャンペーンでは400タイトル超を対象として、最大50%プライスオフを実施。さらに期間中購入ポイント10倍や抽選で10,000円相当のポイントがあたるキャンペーンが実施される。

また、このキャンペーン実施にあたり、期間中の2月14日(日)には今年で第3回となる「ビクターロック祭り 2016」を千葉・幕張メッセ国際展示場にて開催! ビクターエンタテインメントが主催するロックフェス「ビクターロック祭り2016」は今年で3回目となる。出演アーティスト15組、年一回のビクターによる一大ロックイベントにご注目いただきたい。
​​    
今回、ビクターロック祭りとHD-Music.の連動企画として「ビクターロック祭り・ハイレゾキャンペーン2016」が同時開催されており、2月はビクターハイレゾ月間として盛り上がることは間違いないだろう。詳細は以下の通り。

「HD-Music. 2周年大感謝祭」

開催期間:2月5日(金)~3月6日(日)
<キャンペーン内容>
1. HD-Music.プライスオフ 
HD-Music.にて配信中の400タイトル以上が10%~50%のプライスオフ!
2.ポイント10倍キャンペーン&ポイントプレゼント
​・期間中の全タイトル購入者はもれなく、通常の10倍ポイント付与!
​・期間中の購入者から抽選で10,000ポイントを5名にプレゼント!
3. 最大3000ポイントあたる「ポイントくじ」開催
​・登録会員なら一日一回、毎日「ポイントくじ」が引ける!
​・さらに、購入ポイントとは別に購入後も「ポイントくじ」のチャンス!
・期間中新規登録時に、登録アンケートに回答いただいた方もその場で「ポイントくじ」のチャンス!
4. ビクターロック祭りにて開催の「ビクターロック祭り・ハイレゾキャンペーン2016」連動

「ビクターロック祭り・ハイレゾキャン
ペーン2016」

開催期間:1月20日(水)~2月18日(木)
<内容>
・HD-Music.にてビクター作品購入者に抽選で豪華賞品プレゼント
JVCケンウッドハイレゾ機器
アーティストグッズ(ロック祭り参加アーティスト)
・ロック祭り会場にてハイレゾブース設営
​JVCケンウッドのハイレゾ機器で出演アーティストの楽曲をハイレゾ試聴
​来場者参加ミニゲーム開催、賞品はスペシャルグッズ:(特製)缶バッチ

【ハイレゾ・K2HDについて】
ハイレゾ音源とは、CDを超えてよりマスターが持っている情報量に近い高解像度の音源(データ)の事で、CDよりも情報量の多いハイレゾ音源ではきめ細やかな音になり、CDでは再生できない空気感と臨場感を表現することができる。その情報量はCDの3倍~6、5倍と言われている。

※『K2HDプロセッシング』とは、主にCDフォーマットの16bit/44.1kHzなど下位フォーマットでのみマスターが現存する音源を、デジタル高音質化技術「K2」の最新システムにより、最高192kHz/24bitまで上位フォーマットへのデジタルベースでのアップコンバートを施し、配信するものである。
「HD-Music. 2周年大感謝祭」

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着