chay「あなたに恋をしてみました」ジャケット画像

chay「あなたに恋をしてみました」ジャケット画像

テラスハウスで注目を集めた話題のシ
ンガーchay!男女問わず支持される彼
女の魅力とは?

今や歌番組や雑誌などあらゆるメディアに引っ張りだこのchay。ブレークのきっかけはやはりあの人気番組「テラスハウス」でした。番組出演をきっかけに世にchayの名が広まるようになると若い女性世代から圧倒的な支持を受けるようになりました。今回は彼女のリリースしたCDと人々を惹きつける彼女の魅力について取り上げていきます。

■どこか懐かしい歌謡曲風のチューンと
アレンジが心踊らす代表曲「あなたに恋
をしてみました」

曲のイントロから聴いたことのなるような懐かしい曲調が印象的な曲です。全体的に覚えやすいキャッチーなメロディーなのでふとした時につい口ずさんでしまうのも魅力の一つです。女の子の恋が始まる前のキラキラしたような想いと感情が感じられる歌詞もあり、カラオケでもきっと盛り上がる一曲と言えるでしょう。chayの魅力でもある元気と前向きさを感じることができるはずです。

■お昼の人気情報番組のエンディングに
も採用された切ない恋心を歌った「好き
で好きで好きすぎて」

日本テレビ系情報番組「スッキリ」の10月のエンディングテーマとして使用された「好きで好きで好きすぎて」カップリング曲には「笑顔のグラデーション」や「AS TEARS GO BY」なども収録されています。歌やファションと様々なシーンで注目を浴びるchayの恋愛に対する想いやさまざまな一面を感じられる一曲です。またchayの持つ美意識や人を引き込む独自の世界観を感じることができるはずです。

■若い世代のカリスマが贈るアップテン
ポなナンバー「Twinkle Days」

2014年の春から始まったP&Gの新キャンペーンと連動した一曲。chayの魅力はなんといっても明るいキャラクターと紆余曲折しながらも物事を前向きとらえ動かすエネルギーといってもいいでしょう。今回の曲はchayのこれまでの経験を元に感じた「ちょっとしたきっかけで前向きになれる」というメッセージが込められており、恋や仕事などで悩む女性の背中を押すきっかけになる「前向きになれる」勇気アンセムソングになっています!

■chayの響く歌声に見事にマッチした名
曲「Wishes」

パンテーンのCMソングに起用され反響を呼んだ「Twinkle Days」に続き、chayの通算4枚目になるシングル「Wishes」が再度起用され話題になった一曲です。「Wishes」の初回盤には限定1000枚でCanCamとコラボしたフォトブックに加え、chay自らがデザインしたミニポーチが付録としてプラスされました。
chayのファッションを手本にしているファンにはたまらない特典です。リリースされるノベルティーやイベントの随所にchayならではの世界観を感じることができるのもchayワールドの魅力なのかもしれません。

■80年代と現代風の融合を感じさせる「
ハートクチュール」

chayの音楽の魅力の一つにどこか懐かしさを感じさせるメロディーと思わず口ずさんでしまうキャッチーなメロディーがあります。「ハートクチュール」にもそんな要素に加えchayの独特な歌声を光らせる全体のエッセンスが盛り込められています。
テラスハウスへの出演がきっかけで一人のアーティストとして活躍中のchay。彼女の魅力はひとそれぞれに感じられますが、独特の歌声と頭の先まで突き抜けるハイトーンが魅力的です。これからも音楽だけでなくファッションやさらに広いジャンルで活躍してくれることでしょう。
chay「あなたに恋をしてみました」ジャケット画像

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着