表題曲でセンターを務める橋本奈々未にとってのラストシングル。「サヨナラの意味」はまさに卒業に寄り添った内容で、ピアノが基調の切ないアレンジ、きれいなメロディー、凛とした歌の中、《サヨナラに強くなれ》という詞に、どうしたって想いを駆け巡らせてしまう。カップリングの「孤独な青空」も、清々しい曲調なのに疑問と孤独が連なっていてビタースウィート。アイドルの強さ、弱さまで入り交じっているみたい。
(田山雄士)
コメントはありません

このアーティストのその他のノート

乃木坂46について