竹原ピストルという男の人間臭さ、弾き語りの枠組みに収まらない豊かな音楽性、それらをギュッと束ねた歌声の力に引き込まれるニューアルバムだ。打ち込みを大胆に導入した「ママさんそう言った 〜Hokkaido days〜」、鍵盤をバックに朗々と歌い上げる「ただ己が影を真似て」、アイリッシュ調の「マスター、ポーグスかけてくれ」など、一曲一曲が濃密で濃厚。歌が全てを語りかける極上の作品。
(荒金良介)
コメントはありません

竹原ピストルについて