またも脂が乗っている、2016年第二弾シングル。タイトル曲はNICOらしいアコースティックとエレクトリックの折衷が光るミッドナンバーで、アンサンブルも楽しい。健やかなマインドの現状ゆえに、“ゆとり”“悟り”“誇り”を感じる、UKロックのアンセムみたいな曲が生まれるのだと思う。恒例カバー枠では、UAの「太陽手に月は心の両手に」をファンキー&ロッキンに聴かせる。一枚通して、ギターカッティングが素敵。
(田山雄士)
コメントはありません

このアーティストのその他のノート

NICO Touches the Wallsについて