ロックであり、ミュージカルであり、音の宇宙旅行を楽しめる一枚。関西発の男女ツインヴォーカル擁する3人組バンドの2ndアルバムは、いい意味で無国籍に満ちあふれた壮大な音絵巻で聴き手のイマジネーションを刺激する。とりわけ、ジンギスカンへのオマージュを前面に押し出した「ジンギスカンフー」には大笑い。遊び心やアレンジも細部にまでこだわり、後半のサンバっぽい展開には完全に意表を突かれた。
(荒金良介)
コメントはありません

このアーティストのその他のノート

シナリオアートについて