鮎川誠

2646 views

    鮎川誠アユカワマコト

    伝説のめんたいロック・バンド、サンハウスのメンバーとして活躍し、現在も奥方と共にシーナ&ザ・ロケッツでロックンロール・ダンディを体現し続けるギタリスト。日本人離れしたルックスもそうだが、細身の長身でギターをガシッと構える姿がこれほどサマになる男もいないだろうし、ブリティッシュ・ビートやブルース、パブ・ロックなどに根ざしたソリッドなギター・プレイには多くの心酔者がいる。
    グループ活動以外にソロ・アーティストとしては、これまでに3枚のアルバムを制作。そのどれもがロックに対する深い愛情を体現したものだ。特に93年に発表された『London session #1』『London session #2』は、鮎川がこれまでに影響を受けたブルース〜R&Bのカヴァー・アルバムで、ウィルコ・ジョンソンらと共に嬉々とした演奏を繰り広げる。

    鮎川誠のニュース

    鮎川誠の連載コラム

    鮎川誠の画像